カジノのバリアフリー化

身体の不自由な人々のニーズに対して、時代の流れとともに人々の意識は高まっています。それでもなお、解決すべき課題はまだまだあります。そして、状況の改善が最も難しいのは、娯楽施設やカジノのような社交の場だとされています。

身体が不自由な人がカジノを訪れると、身体的、対人的な制約に直面することがよくあります。6つの主な問題として、ゲームプレイにおける身体的障害、設備不足やアクセシビリティの不備、スペースの不足、入場の妨げ、従業員の質の低い接客、情報やコミュニケーションの不足が挙げられます。

車椅子用のスロープがあっても、混雑したカジノでは、身体が不自由な人が快適な体験ができるよう手助けすることは簡単ではありません。また、たとえエレベーターがあっても、ブラックジャック、ルーレット、ポーカーなどのゲームのテーブルは「ボックス」内に設置されていることが多く、テーブルに着くには歩く必要があるのです。

建物の構造的特徴が身体の不自由な人々に不利益を与えるのなら、施設側は物理的な障壁を取り除く、またはその影響を少なくするよう改善に努める必要があります。このような変更を「合理的対応」といいます。

建物のアクセシビリティを向上させるには、車いす対応にすることが最も効果的です。合理的対応には、車いすで通りやすくするよう、出入り口を広げることなどがあります。また、移動が困難な人にとって、自動ドアは理想的です。さらに、音だけでなく視覚的に危険を知らせる火災警報器の設置、電気のスイッチやドアノブを、身体が不自由な人が使いやすい位置に移動させる、身体が不自由な人用トイレの設置、特別に改良された機器の提供(関節炎のある人向けに設計されたキーボードや、聴覚障害のある人向けに設計された電話機など)、車いすの方向けのワークステーションを、アクセスしにくい高層階から1階に移動することなどが挙げられます。さらに、建物の入口には、車いすの方のために、十分な幅があるスロープを設置する必要があります。手すりの設置も必要です。また、凹凸や釘など、車いすの通行の妨げになるものは完全に取り除くべきです。

トイレについてはどうでしょうか。カジノにも、身体が不自由な人もアクセスしやすい警報システム付きトイレを設置し、緊急時にはスタッフが利用者を救助できるよう定期的に点検が行われるべきです。

また、カジノはさまざまな強度の色彩を用いて、視覚的なコントラストを出すべきです。そうすることで、視覚障害のある顧客でも、壁と床、ドアと建具の見分けがつき、危険を回避しながら施設内を移動することができます。

カジノ側は、車いすユーザーや身体が不自由な人の使用を考慮して建物の評価を行うことで、アクセシビリティの向上を図ることができます。カジノは誰もが楽しめる場所であるべきです。身体が不自由な人たちは見過ごされがちですが、建物の目的が何であれ、そうした人たちにもしっかり配慮されている必要があります。健常者にとって何の影響も与えないこれらの変化は、身体が不自由な人たちにとっては大きな違いとなる上、より多くの顧客を呼び込むきっかけにもなり、結果的にカジノの利益を増大させることができます。誰にとってもプラスの結果になるのです。